豆腐.油揚げ類のレシピ

凍みこんにゃく入り炒り豆腐

Simi_konnyaku_tofu_logo

ひき肉の代わりに"大豆たんぱくミンチ"を使いました。
※ 凍みこんにゃくの作り方はこちらの記事をご覧ください。

材料

木綿豆腐 1丁(300g)
長ネギ 1/2本
人参  40g
ピーマン 1個
もやし 1/4袋
大豆たんぱくミンチ 乾燥状態で1/2カップ
自家製凍みこんにゃく 1/2枚
 
A  しょうゆ 大さじ2
   酒    大さじ1
   塩    少々

B しょうゆ 大さじ1
  酒    大さじ1
  塩    少々
  
C しょうゆ 小さじ1 
  酒    大さじ1
   
ごま油 オリーブオイル 

作り方
・ 凍みこんにゃくは解凍し、ギューッと絞り、
  荒めのみじん切りにして、Bの塩、しょうゆ、酒をまぶしておく。

・ 大豆たんぱくミンチは湯で戻してから水で洗い水分を絞る。
  Cの酒としょうゆをからめておく。
  (大豆たんぱくミンチについては食材についてをご覧ください)

・ 長ネギはみじん切り、人参とピーマンは荒みじんに切る。

・ フライパンにごま油とオリーブオイルを熱し、凍みこんにゃくを炒める。
  こんがりとしたら火から降ろして取り分けておく。

・ もう一度オリーブオイルを熱し、大豆たんぱくミンチを炒める。
  火から降ろして取り分けておく。

・ 長ネギ、人参、ピーマン、もやしを炒める。

・ 野菜に良く火が通ったら豆腐をくずし入れて炒め、Aで味をつける。
 
・ 大豆たんぱくと凍みこんにゃくをフライパンに戻し
  全体にからめるように混ぜる。

出来上がり。

野菜は冷蔵庫の中のものを適当に使いました。
大豆たんぱくは多めのオイルで揚げるように炒めておくと
大豆たんぱく特有の臭みが抜けますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジタリアン炒り豆腐

Iri_tofu_logo

材料
木綿豆腐 1丁(300g)
長ネギ 1/2本
人参  40g
ピーマン 1個
インゲン 5本くらい
ひじき  大さじ1
大豆たんぱくミンチ 乾燥状態で1/2カップ
 
A しょうゆ 大さじ2
   酒 大さじ1
  塩 少々
 
B  片栗粉 小さじ1
    酒    大さじ1
    しょうゆ 小さじ1

ごま油 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1

作り方
・ 大豆たんぱくミンチは湯で戻してから水で洗いギュッと絞る。
  Bの酒としょうゆをからめ、片栗粉をまぶしておく。
 
・ ひじきは少量の水で戻しておく。

・ 長ネギはみじん切り、人参は千切り、インゲンは1cm位の長さに切り、
    ピーマンは 小さめに切る。

・ フライパンにごま油とオリーブオイルを熱し、大豆たんぱくを炒める。
  こんがりとしたら火から降ろして取り分けておく。

・ ひじきをじっくりと炒め、
    長ネギ、インゲン、人参、ピーマンを入れて炒め合わせる。

・ 野菜に良く火が通ったら豆腐をくずし入れて炒め、Aで味をつける。
 
・ 大豆たんぱくをフライパンに戻し全体にからめるように混ぜる。

出来上がり。

干ししいたけやきくらげを入れても美味しいです。
大豆たんぱくは多めのオイルで揚げるように炒めておくと
大豆たんぱく特有の臭みが抜けます。
そして片栗粉をまぶすことで食感が良くなります。

 

|

枝豆の呉汁

Gojiru

夏の具沢山のお味噌汁です

材料

枝豆 茹でて莢から出して約1カップ
ズイキ 茹でて一口大に切って約2カップ
茄子 1本
長ネギ 1/2本
油揚げ 1枚
味噌 適量
出し汁 約3カップ

作り方
枝豆はすり鉢で擦るか、フードプロセッサーでなめらかにする。
(フードプロセッサーだと粒が大きく残りやすいので、出し汁を少し加えると良いです)
油揚げは熱湯をかけて油抜きをしてから細く切る。
長ネギは小口切り、茄子は一口大に切る。

出し汁を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら茄子を入れる。
茄子が柔らかくなったら、油揚げ、ズイキ、長ネギを加えて煮る。
擦った枝豆を加えて、味噌で味を整えて出来上がり。

具は他に、かぼちゃや茗荷も合います。
暑い日は冷蔵庫で冷ましていただくのも美味しいです。

|

芋茎(ずいき)と油揚げの煮物

Zuiki_nimono

夏になると食べたくなる食材の一つがこの"ずいき"。
里芋の茎です。

農家の畑では、里芋の大きな葉がユラユラ揺れて、
根元に暗い影が出来ています。
里芋は乾燥を嫌うので、
そうやって自ら日差しを遮って水分の蒸発を抑えているんですね。

材料
ずいき 1束
油揚げ 1枚
出し汁


しょうゆ

作り方
ずいきはアクの強い食材なので、まずアク抜きをします。

ずいきはよく洗い、根元を切り落とす。
鍋に入る長さに切る。
(芋が付いている場合は、芋の皮を剥いて小さく切っておく。)
ずいきの薄皮を包丁に引っ掛けるようにして丁寧に剥く。
剥き残りが無いように上下から剥いていくと良い。
剥き終わったものから酢水に漬けてアク抜きをする。

鍋に湯を沸騰させる。
酢水に漬けていたずいきを笊にあけ、さっと茹でる。
笊にあけそのまま冷ます。
4~5cm長さに切る。

油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、8mm幅くらいに切る。
鍋にずいきを入れ、八分目くらいまで出し汁を加え火にかける。
沸騰したら酒、塩、しょうゆで味をつけ、油揚げを加えて
柔らかくなるまで煮込む。

(ずいきは量が把握しにくい材料なので、
今回は調味料の分量を書いていません。)

出来立てをすぐに頂いても美味しいですが、
やはり夏は一晩冷やすのがお薦めです。

|

夏バテ予防に!Tofuフルーツパフェ

Tofu_fruit_parfait_2
記録的な猛暑が続き、食欲が減退してしまいますが
アイスやカキ氷ばかり食べていると夏バテしてしまいますよね。

このレシピは、
自家製
梅みりんジャムとお豆腐を使った栄養豊富なデザートです。
もちろん他のジャムでも作れます。


材料(一人分)
木綿豆腐 1/2丁
梅みりんジャム 大さじ1.5
キウイ 1個
バナナ 適量
塩 ひとつまみ

作り方
木綿豆腐は水切りをして冷蔵庫で冷やしておく。
キウイはみじん切り、バナナは適量を斜めにスライス。

木綿豆腐とジャム、塩を、フードプロセッサーに入れ、
なめらかになるまでガーッと回す。
(かなりしつこく回してください)

適当なグラスに豆腐クリーム、キウイを交互に入れ、
最後にバナナを飾って出来上がり。

甘味はジャムの量で調節してください。
ジャムが無い場合は、蜂蜜やメープルシロップでOK。
フルーツ類はしっかりと冷やしたものを使用してくださいね。

ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

セロリの葉入りゴーヤチャンプルー

Celery_goya

ときどき葉の多いセロリが売られていますが、
何故か売れ残っていることが多いような気がします。
セロリの葉は炒め物にすると香りが良くて美味しいです。
今日は大好きなゴーヤと一緒にあっさりとしたチャンプルーで。

材料
ゴーヤ 1本
セロリの葉 適量(火を通すと小さくなるので多めに)
木綿豆腐(水切りをしておく) 1丁
塩、こしょう 少々
醤油 大さじ2
ごま油、オリーブオイル 各大さじ1

作り方
セロリの葉は良く洗ってから食べやすい大きさに切る。
ゴーヤは縦半分に切り、種を取り除いてからスライス。
豆腐は大きめの一口大に切っておく。

フライパンに油を熱し、ゴーヤを炒める。
セロリの葉をくわえてしんなりするまで炒め塩コショウで薄めに味をつける。
豆腐も加えて炒め合わせ、最後に醤油で味を整えて出来上がり。

去年のことですが、
葉っぱだらけのセロリを籠に入れてレジに並んでいたら
隣に並んでいた女性に声をかけられたことがあります。
「それ、どうやって食べるの?」って。
炒め物にすると香りが良くて美味しいということをお話したら
その人は「私も買おう」と言って売り場に戻って行かれました。
召し上がってみていかがだったかな。
ちょっと気になります。

ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

ウドの皮入り卯の花

Udo_unohana

いつもの卯の花の春バージョンです。

材料
ウドの皮 2本分
人参 60gくらい
ピーマン 2個
おから 150g

だし汁 約1カップ
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ2
塩 少々

オリーブオイル 大さじ1

作り方
ウドの皮、人参、ピーマンはみじん切り。
フライパンにオリーブオイルを熱し
ウドの皮と人参を炒める。
火が通ったらピーマンも加えて炒める。
だし汁とおからを入れてよく馴染ませ、
しょうゆ、酒、塩で調味する。
しばらく煮て水分が少なくなったら出来上がり。

ウドの皮はきんぴらにすることが多いのですが
何か趣きの違うものを食べたくなったので
ちょっと思いつきで作ってみました。
しいたけを入れても良かったなと思います。
甘めの味がお好きな方はみりんを大さじ1加えてくださいね。



ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

切り干し大根の煮物

Kiriboshi_daikon

乾物ってイザというとき便利ですよね。

材料
切り干し大根(乾燥)50g
人参 1/2本
油揚げ 1枚

だし汁 2カップ
日本酒 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
塩 ひとつまみ

ごま油 大さじ1

作り方
切り干し大根は水でさっと洗い、ひたひたの水に20分ほど漬けて戻す。
ギュッと絞ってから食べやすい長さに切る。

人参は皮をむいて細く切る。
油揚げは沸騰したお湯をかけて油抜きをし、7mmくらいの細切り。

鍋に油を熱し、切り干し大根と人参を炒め 
次に油揚げも入れて炒める。
火が通ったら、だし汁と調味料を加えて煮立たせる。
煮汁が半量くらいになるまで煮詰めて
出来上がり。


ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

小松菜トーフバーグ

Tofu_burgar_full_logo_2

グリーンの色合いがきれいなふんわりバーグです。

材料(バーグ4つ分)
木綿豆腐 1丁(300g)
オートミール 1/2カップ
小松菜 50g
人参 40g
ひじき(乾燥) 大さじ1
銀杏(茹で) 12個

白味噌 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
塩 少々

オリーブオイル 適量

作り方
ひじきは水でさっと洗い水気を切って、
手でくずした豆腐に混ぜておく。

フードプロセッサーで小松菜をみじん切りし、
そこにオートミールを入れて細かく粉砕する。
(小松菜だけだと容器の周りにくっついてしまい細かくなりにくいので、
オートミールと一緒に砕きます。)

人参と銀杏はみじん切り。(フードプロセッサーでもOK)
材料を全部合わせてしばらく捏ね、
15分ほど寝かせてひじきとオートミールに水分を吸わせる。

フライパンに少し多めのオイルを熱し、
バーグの材料を手で丸めて成形し両面をこんがりと焼く。

柔らかな生地なので丸めてそのままフライパンに投入します。
中火で片面3分ずつくらい焼きます。
火が通るとちゃんと固まります。

写真ではトッピングに
ニュートリショナルイーストと白胡麻を振りかけています。
生地に味が薄くついているので、
塩味が足りなければ おしょうゆを少々かけてください。
ニュートリショナルイーストについては「食材について」をご覧下さい。




ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|