みりんスウィーツ

酒粕コロコロ

Sakekasu_ball_logo

近頃凝っている食材が"酒粕"です。
何とかして甘いお菓子系のものを作りたいと思い、
色々試行錯誤していましたが、やっと出来ました。
濃厚な酒粕の風味と、サックリとした食感が特徴です。

材料を混ぜて、丸めて焼くだけの簡単レシピ。
甘味はみりんと甜菜糖です。
黒砂糖でも美味しく出来ます。
どうぞお試しくださいね。

材料(天板 2枚分)

酒粕(板粕) 200g
片栗粉 300g
全粒粉(薄力粉タイプ) 100g
本みりん 160ml
甜菜糖 大さじ4

作り方
オーブンを150℃に予熱しておく。
材料をすべて量ってボウルに入れ、良く混ぜる。
手で捏ねて直径2cmくらいの球状に丸める。
オーブンに入れ、18分焼く。
焼きあがったらラックで冷まして出来上がりです。

酒粕は商品によって水分量にかなり差があります。
ちょうど丸めやすい硬さになるように、みりんの量を調節してください。

冷凍出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おからクッキー

Okara_cookie_logo

サックサクのダイエットクッキーです。
甘味は薄めなので、お好みで黒砂糖(または甜菜糖)を足してくださいね。

材料(天板1枚分)
炒りおから 50g
全粒粉(菓子用) 50g
片栗粉 10g
オリーブオイル 大さじ3
煮切りみりん 大さじ3

作り方
まず炒りおからを作ります。
おからをフライパンでサラサラになるまで乾煎りする。
(100gのおからをフライパンで乾煎りすると、約50gになります。)

炒りおからと全粒粉をボウルに入れてよく混ぜ合わせる。
オリーブオイルを加え粉類にすり込む様に混ぜる。
煮切りみりんを加え良く練り混ぜて、生地を一つにまとめる。

7mmくらいの厚さで四角く平らに伸ばし、適当な大きさに切り分ける。

180度のオーブンで15分焼く。
焼きあがったらラックに乗せて冷ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴマ味噌オートミールクッキー

Misogoma_cookie_logo

お砂糖、バター、小麦粉不使用。
甘味は白味噌、デーツ、本みりんです。
日本茶と良く合う和風クッキーになりました。(*^.^*)

材料
オートミール(フードプロセッサーで砕いたもの) 3カップ
白味噌 大さじ2
オリーブオイル 大さじ3
デーツ 3個
煮切りみりん 50~80cc(白味噌の水分量によって調整する)
煎り胡麻 大さじ4くらい

作り方
本みりんを鍋で沸騰させて、アルコール分を飛ばし、
煮切りみりんにする。
冷ましておく。
(煮切りみりんについては、「食材について」をご覧下さい。)

デーツはみじん切り。

ボウルにオートミール、白味噌、オリーブオイル、
デーツ、煮切りみりん、煎り胡麻を入れて良く捏ね、
10分ほど寝かせておく。
手で成形し、170度のオーブンで18分焼く。

冷凍出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みりんで作る簡単な白餡

Siro_an

小型の白いんげん豆と本みりんが材料です。
パンに塗っていただくのも美味しいです。

材料
手亡いんげん豆(乾燥) 250g
本みりん 150ml
塩 ひとつまみ

作り方

手亡いんげん豆を一晩水に浸す。

圧力鍋に豆を入れ、水をひたひたに入れて
形が崩れるくらい柔らかく煮る。
(電気圧力鍋の場合、高圧で10分)

柔らかく茹でた豆をフードプロセッサーでクリーム状にする。
テフロン加工の鍋に移し
みりんと塩を加え、弱火でことこと煮詰める。

※煮詰めている間は、
焦がさないようにかき混ぜ続けること。
甘さの調節はみりんの分量を加減します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごと白いんげん豆のピュレ

Apple_purre_logo

冷凍してあった白いんげん豆をデザートにしてみました。

材料
りんご 中1個
柔らかく煮た白いんげん豆  2/3カップくらい
煮切りみりん または ハチミツ  大さじ1くらい(お好みで)
シナモンパウダー 適量

作り方

白いんげん豆は、形が崩れるくらいに柔らかく煮て、冷蔵庫で冷やします。

りんごは皮をむいて適当な大きさに切り、
塩水にくぐらせて色止めをする。

(私はキパワーソルトの水溶液で色止めをしています。
キパワーソルトについては、「食材について」をご覧くださいね。)

りんご、白いんげん豆、煮切りみりん(またはハチミツ)を
フードプロセッサーで攪拌し、ピュレ状にする。
器に盛り、シナモンを振りかけて出来上がり。
スプーンで召し上がれ。

参考ページ 「豆の茹で方」

白いんげん豆は、まとめて茹でたものを
小分けにして冷凍保存しておくと、とっても便利です。


煮切りみりんの説明「食材について」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無花果(いちじく)のみりんコンポート

Fig_compote

無花果は生でも美味しいですが、
ちょっと手を加えるとおしゃれなデザートになります。
ワインも砂糖も使わずに、みりんであっさりと仕上げてみました。

材料
無花果 600gくらい
水 1カップ
本みりん 1.5カップ
レモン汁 大さじ1

* 鍋はホウロウかステンレスの鍋を使います。

作り方
無花果は良く洗ってヘタを取り、鍋に並べる。
水、本みりん、レモン汁を加えて火にかける。
沸騰したら紙蓋をして火力を弱め、柔らかくなるまで20分くらい煮る。
途中でアクが出るので、小まめに取り除きます。
煮汁ごと冷蔵庫で冷やしていただきます。

皮の食感が気になる方は皮を剥いて作ってください。
紙蓋は、クッキングペーパーを鍋の大きさに合わせて丸く切って使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏バテ予防に!Tofuフルーツパフェ

Tofu_fruit_parfait_2
記録的な猛暑が続き、食欲が減退してしまいますが
アイスやカキ氷ばかり食べていると夏バテしてしまいますよね。

このレシピは、
自家製
梅みりんジャムとお豆腐を使った栄養豊富なデザートです。
もちろん他のジャムでも作れます。


材料(一人分)
木綿豆腐 1/2丁
梅みりんジャム 大さじ1.5
キウイ 1個
バナナ 適量
塩 ひとつまみ

作り方
木綿豆腐は水切りをして冷蔵庫で冷やしておく。
キウイはみじん切り、バナナは適量を斜めにスライス。

木綿豆腐とジャム、塩を、フードプロセッサーに入れ、
なめらかになるまでガーッと回す。
(かなりしつこく回してください)

適当なグラスに豆腐クリーム、キウイを交互に入れ、
最後にバナナを飾って出来上がり。

甘味はジャムの量で調節してください。
ジャムが無い場合は、蜂蜜やメープルシロップでOK。
フルーツ類はしっかりと冷やしたものを使用してくださいね。

ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

梅みりんジャム

Ume_mirin_jam_2
極力砂糖を控えた甘酸っぱい梅ジャムです。

材料
熟した梅 1kg
みりん(煮切って) 2カップ
てんさい糖 250g
(ジャムを作る鍋はステンレスかホーロー製のものを使ってください)

作り方
梅を良く洗い、梅のヘタを爪楊枝などで取り除き、
梅が十分浸かる程度の水に一晩漬ける。

梅をザルにあけ、たっぷりの水を入れた鍋に梅を移し火にかける。 
梅が鍋の中で浮き上がってきたら火を止めて水を捨てる。
(梅の皮が破れない程度の煮方です。)
新しいたっぷりの水に5時間ほど漬けてアク抜きをします。

みりんを多めに鍋に入れてアルコール臭が消えるまで煮詰める。
2カップ量っておく。

梅をザルにあけ、手で潰しながら中の種を取り除く。
フードプロセッサーで果肉をなめらかになるまで潰す。

潰した梅の果肉を鍋に入れ、煮切りみりん2カップを加えて弱火で煮る。
焦げ付かないようにかき混ぜながら煮ます。
灰汁がかなり出るので小まめに取り除く。
みりんが液体なので、煮詰めるのにやや時間を要します。

煮詰まってきたら砂糖を加えてさらに煮詰める。
ややゆるい程度まで煮詰めて火を止め、
熱いうちに煮沸消毒したビンに詰める。

冷めると硬くなるので、少しゆるいくらいで火を止めるとちょうど良いです。
砂糖が少ないので長期常温保存には向きません。
長期保存する場合は冷凍します。
砂糖は少ないですが、みりんのおかげでちゃんと甘いですよ。

煮沸消毒の方法
洗ったビンと蓋を鍋に入れて水をたっぷりと被るくらい入れ
火にかけます。
1~2分沸騰させ、清潔なふきんの上で自然乾燥させます。
ジャムは熱いままで入れ、すぐに蓋をします。



ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

すあま(みりんで作る和菓子)

Suama

通りがかりのお店で見かけた”すあま”。

懐かしいな、これなら自分で出来るかも、って思い検索したら

harurun427521さんのレシピを見つけました。
それをベジまめ流に、お砂糖を使わずに本みりんで応用したのがこのレシピです。
とっても上品な甘さの和菓子になりました。

電子レンジで簡単に出来るのがうれしい。
harurun427521さん、どうもありがとう。

材料 (巻き簾1本分)
上新粉 100g
本みりん(煮切って)150cc
水 40cc
塩 ひとつまみ
片栗粉 適量

(ゴム手袋、電子レンジOKのボウル)

作り方
今回は、熱い煮切りみりんを使います。
本みりんを多めに鍋に入れ、アルコール臭が消えるまで煮込みます。
煮詰まるので初めは多めに鍋に入れて煮込み、
それを150cc量ります。

煮切りみりんを火にかけている間に、
上新粉と塩を耐熱ガラスボウルに入れておきます。

熱い煮きりみりん150ccを粉に加えながら、箸でよく混ぜる。
ボウルごとラップをして、電子レンジ600wで2分加熱。
取り出して、水40㏄を加え手でよく練る。
(熱いのでゴム手袋をしたほうが良いです。)
もう一度ラップをして、レンジで2分加熱。
濡れ布巾の上に取り出して、再び良く捏ねる。
手を水(分量外)で濡らしながら練るとやりやすいです。

すあまを棒状にして片栗粉を全体にまぶし、巻き簾にのせて巻く。
そのまま冷まし、完全に冷めたら包丁で切り分けます。

食紅などで色をつけることも出来ます。
水分量を50ccにするとかなり柔らかめになります。
お好みの柔らかさになるように水の量で調節してください。

電子レンジのワット数に応じて、調理時間を調整してくださいね。

捏ねるときはゴム手袋の着用がおすすめです。

冷凍する場合はカットしたものを、ジッパー付きのビニール袋に
平らに並べて入れて冷凍します。
解凍は自然解凍で。

余った煮切りみりんは、他のお料理に使ってくださいね。

(harurun427521さんのレシピよりも水分量が多いのは
みりんの性質によるものだと思います。)


ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

|

グラノーラみりんクッキー

Granola_cookie_logo

材料(天板2枚分)
オートミール 250g
煮切りみりん 100cc
レーズン 1/2カップ
プルーン 6個
くるみ  1/3カップ
塩 ひとつまみ

煮切りみりんについては
ご案内の「食材について」をご覧下さい。


作り方

煮切りみりんは冷ましておく。
プルーンは細かく刻む。
すべての材料を良く混ぜ合わせ、
オートミールが水分を十分に吸うまで15分ほど寝かせる。
生地を手で握るようにしながら弾丸型に成形する。
180度のオーブンで16分焼く。
ラックで冷まして出来上がり。
冷凍も出来ます。

水分が足りない場合は、みりんか豆乳を足してください。
成形するときに手がベタついてやりにくい場合は
おにぎりを作るときのように水を手のひらに少量つけて握るとやりやすいです。
平らに広げて型でくり抜く方法は向きません。

かなり甘いので少し食べるだけで満足できるクッキーです。


ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします

|

より以前の記事一覧