豆レシピ

玄米小豆ご飯(赤飯風)

Azuki_rice8_logo

玄米は圧力鍋で炊くとモチモチの食感になりますが、
そこに小豆を入れると、うるち米なのにお赤飯みたいになります。
このレシピは、玄米が何合でも、小豆が多くても少なくても、
水加減に迷わない炊き方です。
小豆の新鮮さに合わせて水分量を調整するところがポイントです。
どうぞお試し下さいね。

材料
玄米
小豆
塩(米2合に対して小さじ1/3~1/2)

作り方
1・玄米を良く洗って圧力鍋に入れる。
 水を玄米と同量入れる。(今回は玄米4合なので、水は720ml)
Azuki_rice1

2・小豆を洗ってカップに入れる。(今回使用した小豆は約50g)
 カップに水を加える。
 
 新鮮な豆の場合はひたひた。
Azuki_rice5

古くて硬くなった小豆の場合は水を多めに。
Azuki_rice6

3・小豆と水を鍋に加え、塩も入れる。
Azuki_rice7

4.蓋をして加熱する。
(私は電気圧力鍋なので加圧30分ですが、普通のコンロにかけるタイプの圧力鍋の場合は圧によって時間が違うので説明書に従ってください。だいたい15分~25分みたいです。)

5・15分ほど蒸らし、しゃもじで軽く混ぜて出来上がり。
Azuki_rice11

小分けして冷凍しておくと便利です。

…………………………………………

☆ 玄米と同量の水加減・早見表

1合………180ml
2合………360ml
3合………540ml
4合………720ml
5合………900ml
6合………1080ml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いんげん豆と人参のポタージュ

Ingen_carrot_logo

めずらしく夏風邪を引いてしまったので、
身体が温まるポタージュを作りました。

材料

白いんげん豆(茹で) 350g
人参 1.5本(220g)
玉ねぎ 小1個
にんにく 1片
水 2カップ
豆乳(無調整) 2カップ
ベジタブルブイヨン 適量
塩 コショウ 適量
オリーブオイル 大さじ1

作り方
1・ 白いんげん豆は、指でつまむと潰れるくらいの柔らかさに茹でておく。
    (茹でかたはこちらをご覧下さい。)

2・ 人参と玉ねぎは適当な大きさに切る。
   にんにくはみじん切り。

3・ フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒め、
   香りが立ってきたら、玉ねぎと人参を炒める。

4・ 圧力鍋に炒めたにんにく、玉ねぎ、人参、水2カップ、ブイヨンを入れて5分加熱する。

5・ 重りが下りたら、フードプロセッサーで豆と共にガーッとして、
   なめらかにする。

6・ 深鍋に5を入れて、豆乳を加え、火にかける。
  焦げ付かないようにかき混ぜながら、
  塩コショウで味を整えて、出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いんげん豆とセロリのポタージュ

Bean_celery_potage_logo

セロリの香りがさわやかなポタージュです。
豆乳も入って栄養たっぷり。
分量はかな~り適当でもちゃんと出来ます。

材料
白いんげん豆(茹で) 350g
セロリ  200g
水 2カップ
豆乳(無調整) 2カップ
ベジタブルブイヨン 適量
塩、コショウ
オリーブオイル 大さじ1

作り方
・白いんげん豆は、指でつまむと潰れるくらいの柔らかさに茹でておく。
(茹でかたはこちらをご覧下さい。)

・セロリは小さめに切る。

・フライパンにオリーブオイルを熱し、セロリを炒める。

・炒めたセロリを圧力鍋に移し、水2カップとブイヨンを加え5分加圧する。

・重りが下がったら少し冷まし、豆と一緒にフードプロセッサーでなめらかにする。

・深鍋に移し、豆乳を加えて弱火で煮込む。(焦げ付きやすいのでかき混ぜながら)

・塩コショウで味を整えて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茄子と黒豆のトマト煮

Eggplant_blachbean_tomato_logo

今日は、黒豆をイタリア風にトマトで煮込んでみました。

材料

茄子 3本
茹でた黒豆 1カップ
トマト水煮缶 1個
にんにく 1片
ベジタブルブイヨン 適量
塩、コショウ 少々
酢 大さじ2
みりん 大さじ1
オリーブオイル 適量

作り方
黒豆はあらかじめ茹でておきます。
(豆の茹で方はこちらを参考になさってくださいね。)
にんにくはみじん切り。
茄子は5mm厚くらいの輪切り。

フライパンにオリーブオイルを熱し、
にんにくと茄子を炒め、塩、コショウで軽く味をつける。
全体に火が通ったら、
トマト、黒豆、ブイヨン、酢、みりんを入れしばらく煮込む。
最後に味を整えて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニとひよこ豆のふわとろお焼き

Zucchini_chickpea_oyaki_logo

きれいなグリーンが初夏の気分。
揚げたてに軽くあら塩を振っていただきます。

材料 
(6枚分)
ズッキーニ 約150g
茹でたひよこ豆 1/2カップ
長いも 2cmくらい
全粒粉(薄力粉タイプ) 大さじ5
塩、胡椒  適量
オリーブオイル  適量

作り方
ズッキーニと長いもはおろし金ですりおろす。
ひよこ豆はみじん切り。

ズッキーニ、ひよこ豆、長いも、全粒粉、をよく混ぜ、
塩、胡椒をする。
フライパンにオリーブオイルを多めに熱し、
タネをスプーンで落とし入れて、円形に整え、
両面をこんがりと焼く。
揚げたてに軽く塩を振って出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよこ豆とアボカドのフムス(Hummus)

Abo_hummus_logo

ひよこ豆はクセがなく、飽きない豆だと思います。
今日はアボカドと一緒にフムスを作りました。
新緑のようなライムグリーンのフムスになりました。
パンやクラッカーに塗っていただきます。

アボカドはオイル分が多い素材なので、
他のオイル類は入れずに作っても、
なめらかな仕上がりになります。

材料
ひよこ豆(乾燥) 約100g
アボカド 1個
にんにく 1片
レモン汁 大さじ1~1.5
塩 少々
豆の茹で汁 適量

作り方
ひよこ豆は洗って、たっぷりの水(豆の3倍量が目安)に
8時間から一晩ほどつけて戻す。
(詳しくはこちらの豆の茹で方をご覧下さい。)

茹でるときは戻し汁ごと、
フタをして豆が鍋の中でゆっくり踊るくらいの火力で
アクを取ってやわらかくなるまで20~30分茹でる。(約3倍になります)
途中でにんにくも入れて一緒に茹でる。
(にんにくの茹で時間は10分くらい)

※ 生のにんにくが好きな場合は茹でずに。
※ 煮汁は捨てないで下さい。

フードプロセッサーに、茹でた豆、にんにく、アボカド、
レモン汁、塩を入れてなめらかにする。
ボサボサするときは、煮汁を適量入れて下さい。
塩分は控えめにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよこ豆とかぼちゃのサラダ

Chickpea_pumpkin_logo

被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます。
私の住む新潟にも、
被災地から避難してきた人達が大勢いらしています。
まずは心身の疲れを癒していただきたいと願っています。

被災しなかった私が今出来ることは、募金と節電。
そして何よりも、しっかりと生活することだと思います。

そんなことを言いながらも、
実は、私自身ショックが大きすぎて、
しばらくレシピブログを放置していました。
こんなことでは、イカン、イカン!

インスタント食品が品薄になっているようです。
被災していない側は、計画停電で大変なところもあるけれど、
出来るだけちゃんと食事を作り、
食材を消費するべきだと思います。(買い溜めではなく)

それは、農業、畜産、漁業を守ることになり
経済を活性化させることに繋がると思うのです。
経済が停滞すれば、復興が遅れます。


これからは、
少しでも節電のためになるように、
電子レンジや電気オーブンを使わないレシピを中心に
書いていこうと思います。

よろしくね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、豆と野菜のサラダを作りました。
ポテトサラダ風です。

材料

茹でたひよこ豆 1.5カップ
かぼちゃ ひよこ豆と同量(適当でOK)
豆乳(無調整) 80~100cc
塩、コショウ 適量

ひよこ豆の茹で方はこちらの「豆の茹で方」をご覧下さい。

作り方
1 かぼちゃは蒸して、フォークで荒く潰す。
2 ひよこ豆、豆乳、塩、コショウを、すり鉢で擦ってなめらかにする。
3 1と2を合わせて、味を整えて出来上がり。

豆乳の分量は、ひよこ豆の硬さに合わせて調整してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青大豆と長いものお焼き

Aodaizu_nagaimo_oyaki_logo

柔らかな豆餅風です。
お醤油をちょっとつけて召し上がれ。

材料(直径5cmくらいのもの、8枚分)

長いも 250g
青大豆(茹で) 1/2カップ
上新粉 大さじ2
塩 少々

ごま油、オリーブオイル 適量

(ご案内の「豆の茹で方」を参考になさってください。)

作り方
長いもは皮を剥いて、すりおろす。
そこに、上新粉、茹でた青大豆、塩を加えて
菜箸でよくかき混ぜる。

テフロン加工のフライパンに、
ごま油とオリーブオイルを多めに入れて熱し、
タネをスプーンで落とし入れて、両面をこんがりと焼く。

青大豆は浸し豆ばかりではなく、
工夫次第で、色々な使い方が出来るみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みりんで作る簡単な白餡

Siro_an

小型の白いんげん豆と本みりんが材料です。
パンに塗っていただくのも美味しいです。

材料
手亡いんげん豆(乾燥) 250g
本みりん 150ml
塩 ひとつまみ

作り方

手亡いんげん豆を一晩水に浸す。

圧力鍋に豆を入れ、水をひたひたに入れて
形が崩れるくらい柔らかく煮る。
(電気圧力鍋の場合、高圧で10分)

柔らかく茹でた豆をフードプロセッサーでクリーム状にする。
テフロン加工の鍋に移し
みりんと塩を加え、弱火でことこと煮詰める。

※煮詰めている間は、
焦がさないようにかき混ぜ続けること。
甘さの調節はみりんの分量を加減します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごと白いんげん豆のピュレ

Apple_purre_logo

冷凍してあった白いんげん豆をデザートにしてみました。

材料
りんご 中1個
柔らかく煮た白いんげん豆  2/3カップくらい
煮切りみりん または ハチミツ  大さじ1くらい(お好みで)
シナモンパウダー 適量

作り方

白いんげん豆は、形が崩れるくらいに柔らかく煮て、冷蔵庫で冷やします。

りんごは皮をむいて適当な大きさに切り、
塩水にくぐらせて色止めをする。

(私はキパワーソルトの水溶液で色止めをしています。
キパワーソルトについては、「食材について」をご覧くださいね。)

りんご、白いんげん豆、煮切りみりん(またはハチミツ)を
フードプロセッサーで攪拌し、ピュレ状にする。
器に盛り、シナモンを振りかけて出来上がり。
スプーンで召し上がれ。

参考ページ 「豆の茹で方」

白いんげん豆は、まとめて茹でたものを
小分けにして冷凍保存しておくと、とっても便利です。


煮切りみりんの説明「食材について」

| | コメント (0) | トラックバック (0)