« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ひよこ豆とアボカドのフムス(Hummus)

Abo_hummus_logo

ひよこ豆はクセがなく、飽きない豆だと思います。
今日はアボカドと一緒にフムスを作りました。
新緑のようなライムグリーンのフムスになりました。
パンやクラッカーに塗っていただきます。

アボカドはオイル分が多い素材なので、
他のオイル類は入れずに作っても、
なめらかな仕上がりになります。

材料
ひよこ豆(乾燥) 約100g
アボカド 1個
にんにく 1片
レモン汁 大さじ1~1.5
塩 少々
豆の茹で汁 適量

作り方
ひよこ豆は洗って、たっぷりの水(豆の3倍量が目安)に
8時間から一晩ほどつけて戻す。
(詳しくはこちらの豆の茹で方をご覧下さい。)

茹でるときは戻し汁ごと、
フタをして豆が鍋の中でゆっくり踊るくらいの火力で
アクを取ってやわらかくなるまで20~30分茹でる。(約3倍になります)
途中でにんにくも入れて一緒に茹でる。
(にんにくの茹で時間は10分くらい)

※ 生のにんにくが好きな場合は茹でずに。
※ 煮汁は捨てないで下さい。

フードプロセッサーに、茹でた豆、にんにく、アボカド、
レモン汁、塩を入れてなめらかにする。
ボサボサするときは、煮汁を適量入れて下さい。
塩分は控えめにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニと茄子のトマト煮

Zucchini_eggplant_tomato

節電のために、
電子レンジや電気オーブンを使わないレシピを書いています。

気温の変化が激しく体調を崩しやすい季節です。
緑黄色野菜たっぷりのメニューで乗り切ってくださいね。

材料
ズッキーニ 1本
茄子 2本
玉ねぎ 1/2個
トマト水煮缶 1個
にんにく 1片
ベジタブルブイヨン 適量
塩、コショウ 少々
酢 大さじ2
みりん 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
オリーブオイル 適量

作り方
にんにくはみじん切り。
玉ねぎは荒みじん切り。
茄子とズッキーニは5mm厚くらいの輪切り。

フライパンにオリーブオイルを熱し、
にんにく、玉ねぎ、茄子、ズッキーニを炒める。
全体に火が通ったら、
トマト、ブイヨン、酢、みりんを入れしばらく煮込む。
最後に塩、コショウで味を整えて出来上がり。

酢とみりんが味を引き締めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利な冷凍・大豆たんぱく

乾燥大豆たんぱくは、ベジにはとても便利な乾物ですが 、
お湯を沸かし、湯で戻し、絞って、水洗い、下味付け
という下ごしらえを毎回するのは、ちょっと面倒なときがあります。

そこで私は、4回分くらいの下ごしらえを一度に済ませ、
すぐに使わない分は、小分けしてラップに包み、冷凍しています。

Soy_protein
下味は、日本酒、しょうゆ、塩の場合が多いですね。
なるべく平らにして冷凍すると、
他の材料を準備している間に半解凍状態になり、
そのまま料理に使えるので便利ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジ酢豚

Subuta_ful_logo

節電のために、電子レンジや電気オーブンを使わずに作れる
ベジレシピを書いています。


今日のレシピは、先日の大豆たんぱくのから揚げを、
多めに作って冷凍しておいたものを使っています。

材料 

(合わせ調味料)
水100cc
ベジタブルブイヨン 適量
トマトケチャップ  大さじ2
みりん  大さじ2~3
しょうゆ 大さじ1
酢 大さじ3
片栗粉 大さじ1(同量の水で溶いておく)

大豆たんぱくのから揚げ 適量
玉ねぎ 1個
人参 1/3本
パプリカ1/2個
ピーマン 2個
シメジ 1/2パック
塩、コショウ 少々
オリーブオイル 大さじ3


作り方

・合わせ調味料の材料をすべて混ぜ合わせておく。

・玉ねぎはくし切り、パプリカとピーマンは乱切り、
人参は薄めの短冊切りか半月切り。

・シメジは石づきを取って小ぶさに分ける。

・フライパンにオリーブオイルを熱し
玉ねぎ、人参、パプリカ、シメジ、ピーマンの順に
強火で炒め塩コショウで軽く味をつける。

・大豆たんぱくのから揚げを入れる。

・合わせ調味料を入れ煮立たせる。

・水溶き片栗粉でトロミをつける。
  出来上がり。

砂糖を使わずみりんで甘味を出しています。
本格的な酢豚は野菜を素揚げしますが、
私は油控えめにしたいので、
多めのオリーブオイルでジャジャッと炒めます。
たけのこを入れても美味しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大豆たんぱくのから揚げ

Soy_tanpaku_logo

節電のために、
電子レンジや電気オーブンを使わないベジレシピを書いています。
今晩は、ベジの定番のご馳走「大豆たんぱくのから揚げ」です。

鳥のから揚げよりもクセがなく、
こちらのほうが好きと言う人も多いです。

下ごしらえにやや時間が掛かるので、私の場合は、
朝のうちに、お湯で戻し、漬け汁に漬け込んで、
ラップをして冷蔵庫に入れておきます。

材料
大豆たんぱく(から揚げ用)1袋

(漬け汁)
だし汁4カップ
酒 100cc
しょうゆ 80ccくらい
塩 大さじ1
みりん 大さじ2
しょうが(すりおろし) 1かけ
にんにく(すりおろし) 1かけ

片栗粉 適量
揚げ油 適量

作り方
漬け汁の材料を合わせておく。

乾燥大豆たんぱくを80度くらいのお湯に30分ほど漬けて戻す。
(重いお皿などで蓋をして大豆たんぱくが浮かないようにする。)

戻ったら軽く絞って漬け汁に漬ける。
(3時間以上漬けるとジューシーで美味しいです。)

バットに片栗粉を広げ、大豆たんぱくを軽く絞って衣をまぶしていく。

深めのフライパンにオイルを1cmくらいの深さに入れて熱し、
衣をつけた大豆たんぱくを揚げる。2~3度ひっくり返しながら、
カラリと揚げて下さい。

漬け汁を好みに合わせてアレンジ出来ます。

オイルは少なめでも、ちゃんとカラッと揚がります。

(注) 富澤商店の大豆たんぱくの説明書きによると、
戻すお湯は90度以上だとふやけて風味が劣るそうです。
そして強く絞りすぎるとうまみが抜けてしまうそうなので、
あくまでも軽~く絞ります。

次回はこのから揚げを元にした別のレシピを書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »